ケータイ辞書JLogosロゴ 上臼井村(近世)


福岡県>碓井町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国嘉麻郡のうち。はじめ福岡藩領,元和9年からは秋月藩領。村高は,「慶長国絵図」には碓井村と見え2,562石余,「正保郷帳」2,873石余(田2,654石余・畠218石余),「元禄国絵図」1,443石余,「天保郷帳」1,469石余,「旧高旧領」1,609石余。寛文5年平原村が分村(碓井町誌)。ただし,「元禄郷帳」「天保郷帳」では平原村の項に上臼井村枝郷と注記されている。産土神は日吉神社,寺院は浄土真宗長源寺・曹洞宗永泉寺。永泉寺には秋月氏代々の菩提寺で位牌もこの寺にある(続風土記)。寛政7年,当村大庄屋坂口嘉左衛門,馬見村大庄屋松岡藤吉の尽力で,八反田船入場から年貢米を遠賀川を利用して運送できるようになる(上臼井八反田舩入場碑文)。幕末・維新期までに平原村を合併。明治初期の人家は本村・植松・八反田・沖田・鞘ノ元・石竹・笹原・平原・門前・宮ノ後・鬼塚にあり,戸数118・人口575(男305・女270),田88町余・畑14町余・大縄田畑1町余・山林14町余,正税は米・大豆562石余,雑税は米・大豆16石余と金3円余,池5,牛74・馬8,小船16(地理全誌)。日吉神社神職青柳氏は,文政4年頃から明治5年まで青柳塾を開く(碓井町誌)。同19年八反田に尋常小学校が設立される(嘉穂郡誌)。同22年碓井村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7439377
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ