ケータイ辞書JLogosロゴ 上久末村(近世)


福岡県>三橋町

江戸期〜明治9年の村名筑後国山門【やまと】郡のうち矢部川支流の沖端川上流左岸に位置する文禄4年12月1日の筑後国知行方目録には「上久末村」の石高として568石9升が挙げられている(立花文書/県史資料4)柳川藩領本郷組に属す村高は,「元禄国絵図」976石余,「天保郷帳」979石余,「旧高旧領」645石余文化4年の藩札の裏書人に諸藤弥平次の名が見えるが,当村の人である弥平次は,文政11年天満神社に石鳥居を寄進し,また文政年間に沖端川の放水路空川を開拓して村有田とし,宮の修理代に当てた諸藤弥平次の店は柳川片原町にあり,問屋と酒造業を営んでいた墓は当地にあり,天保15年9月9日没大永3年領主藤島美濃守の病気平癒を祈願するため建てたという医眼山薬師寺明正院がある明治9年久末村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7439497
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ