ケータイ辞書JLogosロゴ 上百町村(近世)


福岡県>三橋町

江戸期の村名筑後国山門【やまと】郡のうち矢部川支流の沖端川中流左岸に位置する百町の地名は地積が100町あったことに由来するといい,下流部の下百町村に対する筑後国知行方目録には上百町の石高として1,378石7斗2升が挙げられている(立花文書/県史資料4)柳川藩領本郷組に属す村高は,「元禄国絵図」1,491石余,「天保郷帳」1,518石余東百町に寛文2年創建の鳴神神社があるこの社は神殿がなく樟の大木が神殿に当たる北部の八幡神社も神殿がない文政9年この社の杉の大木を三柱神社の楼門の扉としたという江戸中後期に東百町村と西百町村に分かれたので,「旧高旧領」ではこの両村に分けて記載されるのち明治9年にこの両村が合併して百町村となる現在の三橋町百町にあたる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7439498
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ