ケータイ辞書JLogosロゴ 上山田村(近世)


福岡県>久山町

江戸期〜明治8年の村名筑前国粕屋郡のうち立花山の南東,三岳山の南の丘陵地帯に位置する東から南に猪野川が流れる地名は山田村から分村したことに由来するという(続風土記)元禄2年山田村から分村して成立したただし,「元禄郷帳」「天保郷帳」では山田村枝郷と注記される福岡藩領久原触に属す村高は,「元禄国絵図」532石余,「天保郷帳」1,178石余,「旧高旧領」1,147石余文化9年の庄屋給米29俵(県史資料7)斎宮聖母宮・六所大明神社(豊受大神宮),浄土宗六通寺・臨済宗清谷寺・浄土真宗西派法蓮寺がある猪野川沿いの猪野・上山田・山田の3か村を総称して山田河内といった(続風土記)明治初期の戸数92・人口441(男236・女205),田71町余・畑7町余・新開地5町余,稲・麦・菜種・琉球芋・大豆・蕎麦などを作り,正税は米・大豆528石余,雑税は米・大豆15石余と金1円余,溜池は山田村とあわせ12か所(地理全誌)同8年山田村に合併
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7439518
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ