ケータイ辞書JLogosロゴ 北川内村(近世)


福岡県>上陽町

 江戸期〜明治22年の村名。上妻郡のうち。はじめ柳川藩領(田中氏),元和6年からは久留米藩領。師松組に属す。村高は,「元禄国絵図」344石,「在方諸覚書」の古高845石,「天保郷帳」767石余,「旧高旧領」では北川内村823石余・久木原村200石余・下横山村379石余・上横山村418石余とある。文化4年の本田26町余・開田24町8反余・畑田25町5反余・畑30町6反余・居屋敷27町4反余,その他合わせて104町2反余,春免高1,169石余(農政農民史料集)。神社は長寛元年の創建を伝える室園神社をはじめ,天満宮15・大山積神社5・八幡宮3など40余。寺院は大永元年の創建を伝える真宗大谷派西光寺や,元和2年の創建を伝える同派法涼山正明寺をはじめ,観音堂19・薬師堂7など30余。また地蔵700体などが山間に散在する。室園神社の3代神職小川甚兵衛安幸が寛永年間に寺子屋風のものを始めたと伝える。11代小川美濃好幸が天保5年私塾琢成堂を開いた(明治6年閉鎖)。村内は4人の庄屋が分担して北川内・久木原・上横山・下横山の4地区に分かれていたが,明治2年それぞれが独立し,当村から久木原村・上横山村・下横山村が分村した。明治7年開設の洗玉・室園両小学校が翌年合併して琢成小学校となり,翌9年北川内小学校と改称。明治12年江碕済が北汭義塾を開設(明治28年閉鎖)。同20年駐在所が置かれた。同22年一部が北川内村の大字となり,字堤谷・白木平・北向は横山村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7439674
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ