ケータイ辞書JLogosロゴ 北川内村(近代)


福岡県>上陽町

 明治22年〜昭和28年の自治体名。はじめ上妻郡,明治29年からは八女【やめ】郡に所属。北川内・久木原の2か村と本分村字丸山が合併して成立。北川内・久木原の2大字を編成。合併時の戸数507・人口2,776,地積は田92町・畑36町・山林68町など計269町。明治24年の戸数530・人口2,873,厩119,寺院1,学校2,水車場4(徴発物件)。同年の洪水で家屋・道路・北川内橋が流失。同26年北川内橋は,熊本県の通潤橋架設で高名な橋本勘五郎の請負いで,洗玉橋として復旧。同32年伝染病院・倉員銀行設立。明治30年代に為替の取扱い,切手・葉書の取扱いおよび自転車通行が開始。同40年代には電信・電話の取扱いが始まり,製糸工場が建設され,筑水電力北川内発電所が創設し,電灯が点灯した。大正期に大瀬〜下横山間に3連石眼の大瀬橋,祇園堂〜上横山間に2連石眼の寄口橋が架設され,福島〜星野間に乗合自動車開通。また消防団・警防団・森林組合が発足。昭和20年国鉄矢部線が開通し,北川内駅が設置されたが,同60年廃線。昭和22年北川内小学校と松崎小学校を合併。同23年横山村下横山(小椎尾を除く)と,上横山のうち岩下・藤木・今村の3集落を編入し,これを大字下横山とし3大字を編成。昭和28年町制施行。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7439675
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ