ケータイ辞書JLogosロゴ 木守村(近世)


福岡県>遠賀町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国遠賀郡(寛文4年御牧【みまき】郡が改称)のうち。かつて旧西川の流路の西を大木守,東を大曲と称し,黒田長政入封後に竹森石見守が大曲を開墾し,大木守の地と合わせて一村となして当村が成立した(続風土記・遠賀町地名考・遠賀郡誌)。「元禄郷帳」「天保郷帳」では,下底井野村の枝郷として村名が見える。福岡藩領。虫生津【むしようづ】触に属す。村高は,「元禄国絵図」493石余,「天保郷帳」987石余,「旧高旧領」958石余。集落は本村・鍋橋・挟間・蒋原【こもばる】・大曲。寛文7年藩主光之が大曲に御茶屋を造営(年表近世遠賀川流域史稿)。宝暦10年大曲水吐堀改修工事が完了。鎮守は井手大明神社,寺院は真宗慈光山法雲寺,ほかに直指庵・慈雲庵がある。法雲寺住職の梅渓法城は楳柳堂を開塾した(遠賀郡誌)。明治初期の戸数111・人口543(男271・女272),牛75・馬53,田82町余・畑14町余・大縄田畑3町余,正租は米・大豆595石余,雑税は米・大豆3石余と金5円余(地理全誌)。明治22年浅木村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7439753
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ