ケータイ辞書JLogosロゴ 清宗村(近世)


福岡県>吉井町

江戸期〜明治9年の村名筑後国生葉【いくは】郡のうち耳納【みのう】山地東部の北方,筑後川中流左岸の微高地上に位置するはじめ柳川藩領(田中氏),元和6年からは久留米藩領正徳元年吉田作之平,寛保3年吉田久太夫が70石を知行(所付扣・給知高帳)田代組に属す村高は,「元禄国絵図」89石余,「在方諸覚書」の古高210石,「天保郷帳」92石余,「旧高旧領」199石余宝暦年間頃の役高は320石,久留米より5里23町,庄屋忠平次は島村庄屋も兼任(在方諸覚書)寛政元年撫7斗4升,免率5ツ8歩5厘,人数130,馬15(筑後上三郡取調手鑑)嘉永元年頃の作柄は「大凡七俵田方,六俵半粟作」(廻村書留)文化4年の耕地は田7町余・畑田11町余・畑2町余(農政農民史料集)庄屋本松平右衛門は「生葉の五庄屋」の1人で,寛文3年大石・長野水道築造の功労者である(吉井町誌)氏神を祀る弁才天と藪神がある(寛延記)明治9年生葉村の一部となる現在の吉井町生葉の一部にあたる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7439774
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ