ケータイ辞書JLogosロゴ 久原村(近世)


福岡県>久山町

 江戸期〜明治22年の村名。粕屋郡のうち。福岡藩領。久原触に属す。村高は,「慶長国絵図」1,845石余,「正保郷帳」1,375石余(田1,064石余・畠210石余),「元禄国絵図」1,375石余,「天保郷帳」2,285石余,「旧高旧領」2,224石余。文化9年の庄屋給米37俵(県史資料7)。天明8年の戸数120・人数260(久原村軸帳)。犬鳴山系からの豊富な水に恵まれ,「久原三千石」といわれた。本村より久原川上流域を枝村吉塚村と呼ぶことがあった(続風土記)。吉塚村を上村,本村を中村,久原川下流域を下村と呼ぶのが一般的。溜池は25か所。北東の山中に犬鳴峠があり,鞍手郡脇田村に通じた。神社は若八幡宮・乙宮神社・印鑰大明神・白山権現社・三輪神社・大年神社,寺院には天台宗頭光寺(明治初年廃寺)・曹洞宗竜興寺・同宗崇徳寺・浄土真宗西派安徳寺などがある。頭光寺は白山権現社の別当寺で,古くは350の僧坊を有した大寺院であったという(太宰管内志)。明治初期の戸数319・人口1,504(男748・女756),田145町余・新田3町余・畑20町余・山林395町余・新開地13町余,正税は米・大豆1,218石余,雑税は米・大豆36石余と金13円余,物産は櫨実・生蝋・鶏卵・酒・農具(鍛冶)など(地理全誌)。同22年市制町村制施行による久原村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7439865
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ