ケータイ辞書JLogosロゴ 倉久村(近世)


福岡県>宮田町

 江戸期〜明治22年の村名。鞍手郡のうち。福岡藩領。枝郷に内山村がある(元禄郷帳・天保郷帳)。村高は,「慶長国絵図」989石余,「正保郷帳」1,109石余(田959石余・畠150石余),「元禄国絵図」793石余,「天保郷帳」820石余,ほかに枝郷の内山村324石余,「旧高旧領」1,142石余。「続風土記」には枝郷として内山村・畑村の名が見える。地組と呼ばれる土地割替も行われていた。人数は,文政8年544,天保10年604(男337・女267),万延元年701(鞍手郡誌・宮田町誌)。鎮守は春日四所大明神社で,慶長12年と寛永18年の2度の造営が行われている。また亀ノ甲には鼠神があった。これは寛永2年福岡藩主黒田忠之の用船鳳凰丸建造のために当地の楠木を切ったところ,鼠が大発生したために建立されたという。また,大村権現は宝満山伏入峰の修験場であった(続風土記付録・続風土記拾遺)。明治9年の戸数149・人口713,田68町余・畑24町余・山林172町余,牛96・馬25,上荷船1,物産は塵紙5,000束など(地理全誌)。同22年笠松村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7439933
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ