ケータイ辞書JLogosロゴ 黒山村(近世)


福岡県>岡垣町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国遠賀郡(寛文4年御牧郡が改称)のうち。慶長年間頃山田村から分村して成立。枝郷に蒔崎村がある。福岡藩領。虫生津【むしようづ】触に属す。村高は,「慶長国絵図」420石余,「正保郷帳」388石余(田337石余・畑50石余),「元禄国絵図」298石余,「天保郷帳」320石余,ほかに枝郷蒔崎村442石余,「旧高旧領」763石余。「旧高旧領」の増石は,明治初年に枝郷蒔崎村を編入したためと思われる。寛文元年の戸数60・人数261,牛馬60(遠賀郡誌)。鎮守は厳島明神社,ほかに貴舟三祀・牧大明神・土佐社・観音堂・阿弥陀堂などがあった(続風土記付録)。矢矧川を逆流し潮水が水田に流入することがあったという。灌漑用池9,橋梁2。明治初期の戸数54・人口299(男151・女148),牛41・馬17,田56町余・畑13町余・大縄畑1町余・山林107町余,特産物は松露,正租は米・大豆275石余,雑税は米・大豆8石余と金2円余(地理全誌)。明治22年矢矧村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7440003
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ