ケータイ辞書JLogosロゴ 小犬丸村(近世)


福岡県>吉富町

 江戸期〜明治22年の村名。豊前国上毛郡のうち。「築上郡志」によれば,寛永17年広津村より分かれたとあるが,「正保国絵図」に記載はなく,「元禄国絵図」には「広津村ノ内小犬丸村」とある。これ以後の分村か。はじめ小倉藩領,寛永9年からは中津藩領。村高は,「旧高旧領」で175石余。「元禄郷帳」「天保郷帳」には当村名が見えず,「天保郷帳」の広津村の村高のうちに当村分も含まれているものと考えられる。八幡古表神社・宇賀貴船神社・薬師神社・宝福寺がある。宇賀貴船神社東方の広場はお茶屋の下と呼ばれるが,これは中津藩主の茶亭の跡である。明治11年の戸数222・人口1,018。同21年の戸数210・人口1,264,反別43町6反(県史資料3)。同22年高浜村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7440068
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ