ケータイ辞書JLogosロゴ 小祝村(近世)


福岡県>吉富町

 江戸期〜明治22年の村名。豊前国上毛郡のうち。もとは広津村に属した。はじめ小倉藩領,寛永9年広津村は中津藩領となるが,小祝村は小倉藩領のままであった。寛文6年から貞享3年まで小祝村高浜が中津藩領,それ以降も高浜のうち人家のあるところは小倉藩領,それ以外は中津藩領と定められ,中津藩は換地の希望があったが実現せず,ようやく慶応3年より中津藩領となる。村高は,「正保国絵図」50石余,「元禄国絵図」50石余,「天保郷帳」250石余,「旧高旧領」252石余。高浜京泊の番所の鼻に高浜遠見番所が設けられていた。高浜は小倉藩細川氏時代に小祝村や広津村の者が開拓した地域で,寛永9年以降広津村が中津藩領に帰属したにもかかわらず,小倉藩領にとどまった。ただし,高浜地域をめぐって小倉藩と中津藩との間で争論が続き,寛文6年小倉領高浜50石分と中津領東土佐井50石分の替地が実施されたが,貞享3年には旧に復した。この間,寛文9年の大洪水で小犬丸と小祝の間が切れ小祝島ができた。享保の飢饉での餓死者は745人(開善寺過去帳)。文政5年宇島築港に伴い,高浜住民の一部が宇島へ移住した。江戸後期には当村でも商業が発展し,隣接する中津の繁栄をも脅かしている(惣町大帳)。慶応3年,再び小祝村と佐井川以西の直江・土屋・別府【びゆう】村の各一部250石との替地が行われ,以後中津藩領となった。明治7年に小祝小学校が開設。同11年の戸数266・人口1,218。同21年の戸数240・人口1,452,反別36町6反(県史資料3)。同22年高浜村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7440074
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ