ケータイ辞書JLogosロゴ 上八村(近世)


福岡県>玄海町

 江戸期〜明治22年の村名。宗像郡のうち。天正年間には枝郷に鐘崎村があったが,黒田長政入国後に分村したという(続風土記)。福岡藩領。勝浦触に属す。村高は,「慶長国絵図」1,120石余,「正保郷帳」1,257石余(田761石余・畑495石余),「元禄国絵図」1,257石余,「天保郷帳」1,270石余,「旧高旧領」1,268石余。庄屋は交替制。宗像神社の氏子で,天保14年略御祓配分覚帳や略御祓御初穂神納帳(宗像家文書)では,91体の御札を受け,米1斗4升と銀3匁・銭330文を神納するとある。神社は大歳神社・山神社・貴船神社,寺院は臨済宗大徳寺末の安延山承福寺。嘉永6年に途絶えていた銅鉱の採掘が藩費によって再開された。しかし文久2年に再び閉山となる。明治初期の戸数150(僧1・平民149)・人口698(男363・女335),耕地は田46町余・畑45町余・大縄田畑7反余,田は中稲・麦・菜種,畑は麦・粟・タバコなどを作り,正税は米・大豆378石余,雑税は米・大豆11石余と金6円余(地理全誌)。同22年岬村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7440093
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ