ケータイ辞書JLogosロゴ 御徳村(近世)


福岡県>小竹町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国鞍手郡のうち。元和元年から同4年にかけて立村した村で(続風土記),豊前国馬ケ岳城主長野氏の臣守田中務丞氏則が元和年間に移り住み開墾したという(続風土記拾遺)。福岡藩領。ただし,元和9年〜延宝5年および元禄元年〜享保5年は直方【のおがた】藩(東連寺藩)領。村高は,「元禄国絵図」160石余,「天保郷帳」225石余,「旧高旧領」435石余。「続風土記」には枝郷として吉野村・枇杷(琵琶)村の名が見える。吉野村の名は,昔大和国吉野より吉野殿という人が移り住んだことによるという(続風土記)。産土神は蔵王権現社(御徳神社)で,本村の東南吉野山にあり,今はないが貝原元瑞筆の額を掲げた石鳥居があった。浄土真宗西派正行寺は守田中務丞氏則の建立と伝えられる。明治初期の戸数124・人数580(男271・女309),牛44・馬8,田54町余・畠18町余・大縄田畠9反余,水害が多く,産物は石炭・切石,川艜22隻,石炭礦場12か所があり,正税は米・大豆212石余,雑税は米・大豆6石余と金3円余(地理全誌)。同22年勝野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7440228
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ