ケータイ辞書JLogosロゴ 薦野村(近世)


福岡県>古賀市

 江戸期〜明治22年の村名。粕屋郡のうち。福岡藩領。下原触に属す。村高は,「慶長国絵図」809石余,「正保郷帳」603石余(田491石余・畠111石余),「元禄国絵図」603石余,「天保郷帳」994石余,「旧高旧領」976石余。本村の西に枝村の清滝村がある。水に恵まれ,村位は上々。村高のうち370石は福岡藩の家老職を務めた薦野氏の一統立花氏の知行地。当村と米多比村,宗像郡舎利蔵村3村の産土神として天降神社があり,鎌倉末期に古野から移されたという(古賀町誌・続風土記)。字清滝に天台宗叡山派清滝寺がある。明治初期の戸数136・人口703(男369・女334),溜池9,田59町余・畠21町余・山林629町余・新開地2町余,正税は米・大豆475石余,雑税は米・大豆14石余と金1円22銭余,物産は半紙・塵紙・鶏卵・櫨実・薪など(地理全誌)。同22年小野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7440265
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ