ケータイ辞書JLogosロゴ 佐与村(近世)


福岡県>頴田町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国嘉麻郡のうち。福岡藩領。ただし元禄元年〜享保5年は直方【のおがた】藩領。村高は,「慶長国絵図」809石余,「正保郷帳」603石余(田513石余・畠90石余),元禄3年1,011石余(直方市史),「元禄国絵図」603石余,「天保郷帳」1,034石余,「旧高旧領」1,011石余。枝村に小久保村がある(続風土記)。天降八所(大明)神社と浄土真宗西本願寺派炤蓮寺・曹洞宗泉福寺がある。用水は,庄内川(仁保川)のイテクチ堰手と大師塘など7つの塘による(続風土記付録)。当村は田地割替制の実施された地組村の1つ。天保11年には焚石丁場(炭坑)が4か所あった(県史2‐下)。明治初期の小名数4,戸数98・人口536(男261・女275),田59町余・畠20町余・大縄田畠2町余,正租は米・大豆533石余,雑税は米・大豆16石余と金3円余,牛67・馬10,小船8,石炭礦場1,小久保に小学校があり,物産は石炭43万8,000斤・生蝋1,200斤・櫨実2万8,500斤・鶏卵5,700個・菜種1石5斗など(地理全誌)。同22年頴田【かいた】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7440416
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ