ケータイ辞書JLogosロゴ 下有木村(近世)


福岡県>宮田町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国鞍手郡のうち。天正年間の「指出前之帳」には有木村と見え,その後慶長初年までに上有木・下有木の2か村に分かれたことにより成立。福岡藩領。ただし,元禄元年〜享保5年は直方【のおがた】藩(東連寺藩)領。村高は,「慶長国絵図」741石余,「正保郷帳」569石余(田518石余・畠50石余),「元禄国絵図」904石余,「天保郷帳」906石余,「旧高旧領」904石余。地組と呼ばれる土地割替制も行われていた。人数は,文政8年266,天保10年281(男156・女125),万延元年275(鞍手郡誌・宮田町誌)。鎮守は五郎丸山の妙見社とヒラヤマの山王社(続風土記付録)。明治9年の戸数65・人口257,田64町余・畑10町余・山林21町余,牛45・馬8,上荷船2(地理全誌)。同22年笠松村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7440584
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ