ケータイ辞書JLogosロゴ 下臼井村(近世)


福岡県>碓井町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国嘉麻郡のうち。福岡藩領。ただし,元和9年〜延宝5年および元禄元年〜享保5年は直方【のおがた】藩(東連寺藩)領。村高は,「慶長国絵図」には碓井村と見え1,074石余,「正保郷帳」1,204石余(田1,134石余・畠70石余),「元禄国絵図」1,204石余,「天保郷帳」1,339石余,「旧高旧領」1,308石余。産土神は山王宮で,もとは上臼井・下臼井・平山村は一村であったので,産土神は上臼井村山王宮であったが,同村が秋月藩に属した時に勧請したと伝えられる(続風土記付録)。明治初期の人家は本村・野口・木屋谷にあり,戸数87・人口404(男202・女202),田81町余・畑7町余・大縄田畑3町余・山2町余,正租は米・大豆488石余,雑税は米・大豆14石余と金3円余,池3,牛50・馬16(地理全誌)。文久3年堀一三が字桟敷原の自宅に私塾を開き,明治7年本村に臼井小学校(男35・女7)が開設され,その教員となる(碓井町誌)。臼井小学校は翌年廃止されたと思われる。同22年碓井村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7440598
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ