ケータイ辞書JLogosロゴ 四郎丸村(近世)


福岡県>宮田町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国鞍手郡のうち。福岡藩領。村高は,「慶長国絵図」622石余,「正保郷帳」477石余(田424石余・畠53石余),「元禄国絵図」669石余,「天保郷帳」703石余,「旧高旧領」695石余。「続風土記」には枝郷として万願寺村・飯倉村の名が見える。地組と呼ばれる土地割替も行われていた(宮田町誌)。人数は,文政8年398,天保10年436(男225・女211),万延元年485(鞍手郡誌・宮田町誌)。鎮守は倉久村の春日四所大明神社。また笠松聖母神社は寛保年間大庄屋神谷武蔵の造立による(続風土記拾遺・続風土記付録)。江戸後期には石炭産出も始まり,安政5年の出炭高は350万斤であった(宮田町誌)。明治9年の戸数98・人口438,田60町余・畑12町余・山林89町余,牛55・馬8,上荷船18,小学校は本村にあり,生徒数は男30・女2,また石炭鉱場が5か所あり,産出高は400万斤,ほかに瓦3,000枚などの生産があった(地理全誌)。同22年笠松村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7440868
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ