ケータイ辞書JLogosロゴ 新原村(近世)


福岡県>古賀市

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国粕屋郡のうち。福岡藩領。下原触に属す。天正年間の「指出前之帳」によれば,田22町余・分米256石余,畠22町余・分大豆65石余。村高は,「慶長国絵図」549石余,「正保郷帳」616石余(田483石余・畠132石余),「元禄国絵図」616石余,「天保郷帳」650石余,「旧高旧領」650石余。文政3年の組頭3名(古賀町誌)。年貢米の内6俵は給知納め。水にめぐまれず,百姓が潰れることが多く,天明8年には庄屋と村民が対立,村民は庄屋を藩に訴え,庄屋は流罪となった。また寛政4年の凶作の被害も大きかった(天明・寛政期の福岡藩)。浄土宗浄土院往生寺と宇多大明神社・若八幡宮がある。明治初期の戸数68・人口313(男162・女151),田42町余・畠22町余・山林10町余・新開地3畝余,池2,正税は米・大豆273石程,雑税は米・大豆8石余と金1円36銭余,物産は鶏卵・櫨実など(地理全誌)。同22年青柳村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7440915
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ