ケータイ辞書JLogosロゴ 新原村(近世)


福岡県>須恵町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国粕屋郡のうち。福岡藩領。旅石触に属す。元和4年藩主黒田長政が家臣に命じて開墾させた新田村(続風土記拾遺)。「明暦3年検地帳」「元禄郷帳」「天保郷帳」では宇美村枝郷と注記されている。村高は,「元禄国絵図」100石,「天保郷帳」102石余,「旧高旧領」100石。寛政5年の家数25・人数119(男67・女52),弘化元年の人数は男71・女75の合計146(須恵町誌)。弘化3年の組頭2。寛政5年の明細帳によると,田8石余,畠37石余,永荒田15石余,永荒畠39石余。また蔵入地で,村位は下々(須恵町誌)。溜池は宇美川から取水するため六反田仕掛溝によって導水し,江戸後期に工事を完成させた。明治6年の戸数31・人口159(男80・女79),田4町余・畠11町余・山林9町余,物産は櫨実・石炭など,正税は米・大豆13石余,雑税は米・大豆4石余と金71銭(地理全誌)。同22年須恵村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7440917
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ