ケータイ辞書JLogosロゴ 新山崎村(近世)


福岡県>小竹町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国鞍手郡のうち。慶長5年に立村とも(続風土記),慶長17年より開発を始め元和4年に水帳が完成したともいう(林文書)。宝永6年勝野村から分村して独立した村となった(国俊文書)。福岡藩領。ただし,元和9年〜延宝5年および元禄元年〜享保5年は直方【のおがた】藩(東連寺藩)領。村高は,「元禄国絵図」102石余,「天保郷帳」113石余,「旧高旧領」258石余。「続風土記」には枝郷として兵段村の名が見える。なお,「元禄郷帳」「天保郷帳」で新多【にいだ】村枝郷として見える山崎村は,宝永6年からの一時期,当村の枝郷であったともいう(林文書)。産土神は勝野村の亀山神社。文政4年の戸数36・人数172(男85・女87),牛28・馬5。幕末・維新期に山崎村を編入。明治初期の戸数60・人数290(男141・女149),牛22・馬12,田21町余・畠5町余・大縄田畠1町余,稲・麦・菜種・大豆・粟・蕎麦・小豆などを作り,水害も多く,正税は米・大豆109石余,雑税は米・大豆3石余と金1円余(地理全誌)。同22年勝野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7440935
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ