ケータイ辞書JLogosロゴ 須恵荘(中世)


福岡県>須恵町

 南北朝期に見える荘園名。筑前国粕屋郡のうち。永和5年3月23日(13日か)九州探題今川了俊が島津伊久に「筑前国須恵庄半分」を預状に任せて沙汰し付けている(島津家文書1/大日古)。下って戦国期の内藤隆春分領惣田数注文に「高橋鑑種抱」の一所として「糟屋郡神代給 一須恵村 百石足」と見える(萩藩閥閲録99-1)。天正年間の「指出前之帳」では須恵村の田86町余・分米1,068石余,畠20町余・分大豆78石余となっている。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7440943
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ