ケータイ辞書JLogosロゴ 須多田村(近世)


福岡県>津屋崎町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国宗像【むなかた】郡のうち。福岡藩領。勝浦触に属す。文禄年間までは奴山村のうち(文禄田畠帳)。天正年間の「指出前之帳」でも奴山村のうちに含まれている。村高は,「慶長国絵図」435石余,「正保郷帳」488石余(田407石余・畑80石余),「元禄国絵図」488石余,「天保郷帳」567石余,「旧高旧領」497石余。郡内総鎮守の宗像神社の氏子で,天保14年略御祓配分覚帳や略御祓御初穂神納帳(宗像家文書)では,御札51体を受けている。神社は天守天神社(現天降天神社)・須多田明神社,寺院は浄土宗大悲山寿福庵(現廃寺)がある。明治6年の戸数50・人口233(男119・女114),耕地は田37町余・畑8町余・大縄田畑8町余,田は晩稲・麦・菜種,畑は麦・大豆・琉球芋などを作り,正税は米・大豆257石余,雑税は米・大豆7石余と金1円余(地理全誌)。同22年宮地村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7440993
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ