ケータイ辞書JLogosロゴ 高倉村(近世)


福岡県>岡垣町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国遠賀郡(寛文4年御牧郡が改称)のうち。慶長年間吉木村から分村して成立。福岡藩領。虫生津【むしようづ】触に属す。村高は,「慶長国絵図」470石余,「正保郷帳」435石余(田408石余・畑26石余),「元禄国絵図」548石余,「天保郷帳」581石余,「旧高旧領」548石余。集落は本村・裏田・金山・金屑・百合野・大山口・内浦。なお,百合野・大山口・内浦は枝村とされる。神社は遠賀荘21か村の惣社である高倉神社と官司の坊である覚応山神伝院神宮寺があった。寺院は禅宗玉雲山竜昌寺。汐入川は,当村域においては乳垂川・高倉川とも呼ばれる。村内橋梁は8か所,灌漑用池は11か所。南西の山は,足が白い8足の鹿が出たという故事により足白山(大山ともいう)と呼ばれる(続風土記拾遺)。鐘鋳の小名は,鐘を鋳たことに由来するという。当村より宗像【むなかた】郡武丸村へ抜け赤間に至る嶺は,仲哀天皇8年祝(神主)となった伊賀彦の子孫の大膳のものと伝える塚があるため大膳塚という(続風土記付録)。大山口と百合野との間より宗像郡山田に至る道を百合越といった(地理全誌)。明治初期の戸数103・人数518(男276・女242),牛77・馬33,田40町余・畑8町余・大縄田畑5町余・山林139町余。特産物は生蝋・紙,正租は米・大豆192石余,雑税は米・大豆8石余と金3円(同前)。明治22年矢矧【やはぎ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7441175
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ