ケータイ辞書JLogosロゴ 旅石村(近世)


福岡県>須恵町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国粕屋郡のうち。福岡藩領。旅石触に属す。天正年間の「指出前之帳」では,田19町余・分米229石余,畠10町余・分大豆39石余。村高は,「慶長国絵図」340石余,「正保郷帳」381石余(田297石余・畠83石余),「元禄国絵図」381石余,「天保郷帳」397石余,「旧高旧領」395石余。寛政5年の家数42・人数199(男106・女93)。弘化元年の人数男89・女97の合計186(須恵町誌)。同3年の組頭3。福岡藩の家臣の佐藤氏の一円知行地で,年貢は佐藤氏が直接収納した。寛政〜天保年間に大庄屋が置かれた。溜池は宇美川から取水し,江戸後期に周辺の村々と協力して導水「六反田仕掛溝」がつくられた。旅石八幡宮がある。明治6年の戸数45・人口235(男117・女118),田24町余・畠3町余・山林17町余・新開地5反余,物産は櫨実・種油など,正税は米・大豆211石余,雑税は米・大豆6石余と金1円17銭余(地理全誌)。同22年須恵村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7441461
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ