ケータイ辞書JLogosロゴ 手野村(近世)


福岡県>岡垣町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国遠賀郡(寛文4年御牧郡が改称)のうち。福岡藩領。虫生津【むしようづ】触に属す。村高は,「慶長国絵図」940石余,「正保郷帳」869石余(田803石余・畑66石余),「元禄国絵図」1,075石余,「天保郷帳」1,085石余,「旧高旧領」778石余。宝暦5年(寛永5年ともいう)当村の一部が松原村に加えられ,その地を新松原と称し,また入地とも通称した。集落は本村(河原)・小塀・薬師谷・久世原。鎮守は高倉神社,他に大黒天社,毘沙門堂があった。小名に大黒免があり,神田跡ともいわれる(遠賀郡誌)。寺庵に浄土宗長寿庵がある。南部に葛城山・大山・城原山,そして江かへり滝があり,北部に岡松原が東西に連なる。村内の橋梁6,灌漑用池7。万延元年医師三木厚民は私塾を開き,明治4年には塾生20名を数える。明治初期の戸数67・人口364(男184・女180),牛63・馬16,田43町余・畑9町余・大縄田畑1町余・山林206町余,特産物は松露・紙・材木,正租は米・大豆362石余,雑税は米・大豆10石余と金5円余(地理全誌)。明治8年松原村のうち西松原分(新松原)が当村に編入。同22年岡県【おかあがた】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7441710
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ