ケータイ辞書JLogosロゴ 土井(中世)


福岡県>桂川町

 南北朝期から見える地名。筑前国穂波郡のうち。暦応元年4月12日の年紀のある老松神社棟札銘に「奉再造土井之庄老松大明神」とあるが(嘉穂地方史古代中世編),同社の嘉暦3年の銘のある棟札に「土師御庄鎮座老松社」とあり(太宰管内志),当地は土師荘内にあったとみられる。永禄5年4月吉日銘の同社棟札に「土井老松大明神」と見え,吉隈村の地頭門名左近鑑重が大願主として名が記されている。なお天正年間の「指出前之帳」には,「土井村」と見え,田33町余・分米558石余,畠5町余・分大豆23石余とある。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7441726
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ