ケータイ辞書JLogosロゴ 直江村(近世)


福岡県>吉富町

 江戸期〜明治22年の村名。豊前国上毛郡のうち。はじめ小倉藩領,寛永9年からは中津藩領,慶応3年佐井川以西のみが小倉藩領となる。中津藩領では中村組に属す。村高は,「正保国絵図」140石余,「元禄国絵図」150石余,「天保郷帳」190石余,「旧高旧領」212石余。元和8年には御給人方に属しており,家数14・人数28・牛3・馬1(人畜改帳)。村内の界木は天明8年頃できた出村であろう。界木の地名は,小倉藩領との境界に標木があったことによる。享和2年の菱屋平七の「筑紫紀行」には「川向ひに沓川村人家五六十軒あり,十四五町行けば領地の境のしるしあり,細き川のあるより,西を小倉領とし,川向ひに三軒屋とて家十軒計りある。これより東を中津領とす」とある。前島に八坂神社がある。明治11年の戸数83・人口405。同21年の戸数74・人口437,反別34町8反(県史資料3)。同22年東吉富村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7441927
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ