ケータイ辞書JLogosロゴ 中村(近世)


福岡県>新吉富村

 江戸期〜明治22年の村名。豊前国上毛郡のうち。はじめ小倉藩領,寛永9年からは中津藩領。中村組に属す。村高は,「正保国絵図」240石余,「元禄国絵図」365石余,「天保郷帳」331石余,「旧高旧領」335石余。中村組は,細川氏時代には大ノ瀬手永と呼ばれ,寛永9年唐原組となり,天明2年当村に大庄屋が置かれて中村組となった。大庄屋初代の中村為左衛門は藩の許可を得て,山国川に通じる幸子新川を掘削し,新地を拓くなどの功績をあげた。しかし,文化9年の大一揆では大庄屋の家も打毀にあっている。2代目の中村泰造は,小倉藩岸井手永の大庄屋と協力し,大ノ瀬から中村・広津,さらに中津へ通じる道路を文政9年に竣工させた。若八幡神社・真宗景幽寺がある。明治7年熊山小学校が設けられる。同11年の戸数39・人口172。同21年の戸数43・人口200,反別29町1反(県史資料3)。同22年南吉富村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7442144
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ