ケータイ辞書JLogosロゴ 中山村(近世)


福岡県>鞍手町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国鞍手郡のうち。福岡藩領。ただし,元和9年〜延宝5年は直方【のおがた】藩(東連寺藩)領。文化9年には植木触に属す。村高は,「慶長国絵図」841石余,「正保郷帳」943石余(田815石余・畠128石余),「元禄国絵図」1,621石余,「天保郷帳」1,477石余,「旧高旧領」1,379石余。枝村に山崎村があった(続風土記)。元和9年藩主黒田高政の家臣吉田壱岐守重成の知行地となり,重成は当村に別宅を構え,妻子とともに居住した(吉田家伝録)。村内に吉田壱岐の宅跡と称する所がある(続風土記拾遺)。長崎街道木屋瀬宿から福岡に抜ける西往還(本宿通り)や底井野から福岡に抜ける古門往還(内宿通り)が村内を通っていた。剣岳の麓にある八剣大明神社は植木・中山両村の産土神。浄土宗鎮西派円清寺は慶長13年僧弾誉の開基。また,浄土真宗西派照専寺は寛永17年寺号・木仏を許可された。明治初期には,集落は本村・重見・松尾・尾登・中屋敷・下ノ内・小部良・立林・猿喰・土与丸・新屋敷・山ガ崎に分かれ,戸数174・人口964,田107町・畑74町・山41町,池6,牛86・馬20,小部良にある小学校の生徒数は男32・女1,山崎に石炭礦場1か所があり,物産は生蝋・石炭,正税は米・大豆709石余,雑税は米・大豆21石余と金10円余,村社八剣神社のほか小社9,円清寺・照専寺,剣岳城跡,吉田壱岐宅跡,古墳2がある(地理全誌)。明治8年中山小学校が開校。同22年剣村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7442150
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ