ケータイ辞書JLogosロゴ 新北村(近世)


福岡県>鞍手町

 江戸期〜明治22年の村名。鞍手郡のうち。福岡藩領。ただし,元和9年〜延宝5年および元禄元年〜享保5年は直方【のおがた】藩(東連寺藩)領。文化9年には植木触に属す。枝郷に長谷【はせ】村があるが(元禄郷帳・元禄国絵図・天保郷帳),のち分村した。村高は,「慶長国絵図」1,682石余,「正保郷帳」1,886石余(田1,675石余・畠211石余),「元禄国絵図」1,535石余,ほかに枝郷長谷村479石余,「天保郷帳」1,596石余,ほかに枝郷長谷村490石余,「旧高旧領」1,593石余。「続風土記」には枝村として長谷村のほかに田崎村・田頭村の名が見える。文化9年の庄屋は喜三郎(県史資料7)。寺社は,浄土真宗西本願寺派明福寺・善行寺,熱田神社・天満宮・熊野神社・須賀神社がある(同前4・6)。明治初期には,集落は本村・田頭・谷・竹末・司本・山田・入生・高木・長家・田崎・力石・肴替・大井手に分かれ,戸数119・人口647,田90町・畑26町・山44町余,池14,牛65・馬28,田崎にある小学校の生徒数は男43・女3,村社熱田神社のほか小社4,明福寺・善行寺のほか小堂8,高蓮寺跡がある(地理全誌)。明治22年西川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7442229
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ