ケータイ辞書JLogosロゴ 西郷村(近世)


福岡県>碓井町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国嘉麻郡のうち。はじめ福岡藩領,元和9年からは秋月藩領。天正年間の「指出前之帳」によれば,田92町余・分米986石余,畠15町余・分大豆122石余。寛永6年上西郷村・光代村が当村から分村した(秋月藩郷村鑑帳)。ただし,「元禄郷帳」「天保郷帳」では両村とも西郷村枝郷と注記されている。村高は,「慶長国絵図」2,449石余,「正保郷帳」2,747石余(田2,592石余・畠154石余),「元禄国絵図」1,206石余,「天保郷帳」1,563石余,ほかに枝郷の上西郷村1,210石余・光代村230石,「旧高旧領」1,496石余。産土神の竹生島神社は元禄16年の創建(碓井町誌)。また8天神のうち4天神などがある(続風土記)。明治初期の人家は本村・井土・油・松原・新開・出川にあり,戸数92・人口420(男216・女204),田87町余・畑8町余・大縄田畑2町余・山林22町余,物産は煽石,正租は米・大豆456石余,雑税は米・大豆13石余と金2円余,池8,牛48・馬16,石炭礦場1,井土に小学校があり,生徒数は男46・女2(地理全誌)。明治7年澳川小学校が設立(教育百年史)。同22年碓井村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7442281
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ