ケータイ辞書JLogosロゴ 新延村(近世)


福岡県>鞍手町

 江戸期〜明治22年の村名。鞍手郡のうち。福岡藩領。ただし,元和9年〜延宝5年は直方【のおがた】藩(東連寺藩)領。文化9年には植木触に属す。枝郷に長谷【ながたに】(永谷)村・島村があるが(元禄郷帳・元禄国絵図・天保郷帳),このうち長谷村はのち分村した。村高は,「慶長国絵図」1,010石余,「正保郷帳」1,133石余(田895石余・畠237石余),「元禄国絵図」1,031石余,ほかに枝郷長谷村57石余・島村304石余,「天保郷帳」1,167石余,ほかに枝郷長谷村57石余・島村372石余,「旧高旧領」1,336石余。「続風土記」には枝村として長谷村・島村のほかに城腰村の名が見える。文化9年の庄屋は利七(県史資料7)。寺社は,真宗本願寺派教善寺,剣大明神社・天満神社がある(同前4・6)。明治初期には,集落は本村・島・新町・六反田・野入・野田・ウツトウ谷・船川に分かれ,戸数158・人口838,田95町・畑29町・山131町余,池11,牛79・馬21,本村にある小学校の生徒数は男41・女3,村社剣神社のほか小社3,教善寺ほか小堂3,石窟2,城ノ腰山城跡,野中屋敷,廃寺跡2,古墓2がある(地理全誌)。明治22年西川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7442332
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ