ケータイ辞書JLogosロゴ 奴山村(近世)


福岡県>津屋崎町

 江戸期〜明治22年の村名。宗像郡のうち。福岡藩領。勝浦触に属す。枝村に須多田・大石・生家【ゆくえ】の諸村があったが,慶長年間の初め須多田・大石の2か村は分村した。生家村は,「元禄郷帳」「天保郷帳」で当村枝郷と注記されている。村高は,「慶長国絵図」913石余,「正保郷帳」1,024石余(田754石余・畑270石余),「元禄国絵図」791石余,「天保郷帳」811石余,ほかに枝郷生家村242石余,「旧高旧領」1,043石余。郡内総鎮守の宗像神社の氏子で,天保14年略御祓配分覚帳や略御祓御初穂神納帳(宗像家文書)では,御札91体を受け,米2斗1升5合を神納している。神社は大塚明神社・酒多神社と永享12年奉納銘のある撞鐘を持つ縫殿神社,寺院は浄土真宗博多万行寺末の宝蓮寺,曹洞宗宝壺山医雲庵(明治期に廃寺)。明治6年の戸数127・人口589(男304・女285),耕地は田46町余・畑19町余・大縄田畑1町余,田は中晩稲・麦・菜種,畑は麦・粟・大豆などを作り,正税は米・大豆386石余,雑税は米・大豆11石余と金4円余(地理全誌)。同22年宮地村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7442362
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ