ケータイ辞書JLogosロゴ 土師村(近世)


福岡県>桂川町

 江戸期〜明治22年の村名。穂波郡のうち。福岡藩領。村高は,「慶長国絵図」2,798石余,「正保郷帳」2,555石余(田2,293石余・畠261石余),「元禄国絵図」2,555石余,「天保郷帳」3,212石余,「旧高旧領」3,200石余。「続風土記」には枝村として谷村・取平村・八王寺村・小隈村が見える。神社は老松神社・稲荷社・田神社・愛宕社・山祇社・貴船社,寺院は天台宗種因寺・浄土宗安養院・浄土真宗長明寺がある。狩野溜池など5つの溜池があった(桂川町誌)。明治初期の小名数7,戸数192・人口945(男469・女476),田166町余・畠37町余・大縄田畠1町余,正租は米・大豆1,143石余,雑税は米・大豆34石余と金9円余,本村に小学校があり,池14,牛136・馬11,物産は櫨実3万斤・生蝋2,250斤・菜種6石・種油1石5斗・鶏卵1万3,000個・柿1万個・酒40石・茶250貫目・蜂蜜20斤と農具類など(地理全誌)。同22年桂川【けいせん】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7442494
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ