ケータイ辞書JLogosロゴ 平山村(近世)


福岡県>碓井町

 江戸期〜明治22年の村名。筑前国嘉麻郡のうち。はじめ福岡藩領,元和9年からは秋月藩領。村高は,「元禄国絵図」1,212石余,「天保郷帳」1,231石余,「旧高旧領」745石余。弘化2年,当村から20余戸が分離して飯田村となる。産土神は八幡宮。村の北2町ばかりの駄市原では,昔,馬市が立った(続風土記付録)。文化3年の戸数66・人数323うち男192・女131(碓井町誌)。明治初期の人家は本村・小路・時撞にあり,戸数58・人口252(男133・女119),田40町余・畑7町余・山5町余,物産は生蝋,正租は米・大豆236石余,雑税は米・大豆7石余と金91銭7厘,池6,牛35・馬3,小船4(地理全誌)。明治初年宮井某が読み書きを教えていたが,明治7年時撞に平山小学校(男33・女3)が開設(碓井町誌)。同22年碓井村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7442874
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ