ケータイ辞書JLogosロゴ 山野村(近世)


福岡県>稲築町

 江戸期〜明治22年の村名。嘉麻郡のうち。福岡藩領。枝郷に口春村があるが(元禄郷帳・続風土記・天保郷帳),のち分村。村高は,「慶長国絵図」989石余,「正保郷帳」737石余(田634石余・畠103石余),「元禄国絵図」476石余,「天保郷帳」1,276石余,「旧高旧領」1,242石余。安永10年の山野村軸帳によると,田畠93町余(古田70町余・稲作6町余・田一作3町余・古畠13町余・畠一作7畝余)・石高1,199石余(古田1,031石余・稲作45石余・田一作32石余・古畠88石余・畠一作2斗余)に対し,年貢上納高合計898石余で,年貢上納率は74%に達していた。若【にやく】八幡神社と曹洞宗香安寺がある。用水は,漆生川の白門堰手とシラカド塘など8つの塘がある(続風土記付録)。明治初期の小名数4,戸数96・人口537(男271・女266),田80町余・畠16町余・大縄田畠3町余,正租は米・大豆725石余,雑税は米・大豆21石余と金5円余,本村に小学校があり,牛77・馬2,川艜5・小船7,石炭礦場3,物産は煽石40万斤,石炭100万斤,櫨実6,000斤,菜種7石5斗,鶏卵4,500個など(地理全誌)。同22年稲築村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7443976
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ