ケータイ辞書JLogosロゴ 井手野村(近世)


佐賀県>伊万里市

 江戸期〜明治22年の村名。松浦郡のうち。はじめ唐津【からつ】藩領,慶安元年幕府領,同2年からは唐津藩領。井手野組に属し,その組元村。元和2年検地時は有浦伊兵衛・渡辺庄五郎の知行地があった(東松浦郡史・有浦家文書)。「慶長国絵図」に「井手野」と見える。村高は,「慶長国絵図」566石余,元和検地高は418石余(伊万里市史),「寛永割符村付帳」では同高で,うち新田分1石余,「正保国絵図」295石余,「天保郷帳」444石余,「旧高旧領」445石余。大庄屋は村庄屋兼帯で,佐伯・松尾・富田氏などが著名。文化年間頃の田畑高427石余,古高295石余,畝数27町余,年貢率は5割9分2厘,家数63・人数292(男153・女139),馬13・牛6(松浦拾風土記)。新久田【あらくた】城址・白山神社がある。新久田城は井手野飛騨(美濃)守の居城。のち地蔵菩薩を本尊とする小庵が建立された。白山神社は松浦党祖源久が長久2年加賀の白山権現を古川村に勧請したものを,のち当村に遷宮し,波多氏の臣井手野氏が鎮守社とした。現在地への遷宮は元和年間。社殿は宝永5年の再建で,祭礼は10月15日(松浦昔鑑・伊万里市史)。明治4年唐津県・伊万里【いまり】県,同5年佐賀県,同9年三潴【みずま】県・長崎県を経て,同16年佐賀県に所属。「明治7年取調帳」では1村として見え,「郷村区別帳」では枝村に大川原村・府招【ふまねき】村・小麦原村・椎峰山があり,反別87町余。同8年旧庄屋宅を校舎として京峰小学校が開校。同9年の教員2,生徒128(男99・女29)であった(伊万里市史)。「明治11年戸口帳」によれば戸数79・人口360。明治11年西松浦郡に属し,同22年南波多村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7444416
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ