ケータイ辞書JLogosロゴ 井野尾村(近世)


佐賀県>伊万里市

 江戸期〜明治22年の村名。松浦郡のうち。はじめ唐津【からつ】藩領,慶安元年幕府領,同2年からは唐津藩領。板木組に属す。元和検地時は中川左近の知行地があった(東松浦郡史)。村高は,元和検地高203石余(伊万里市史),「正保国絵図」では150石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに220石余。文化年間頃の田畑高241石余,古高151石余,畝数13町余,家数33・人数157(男88・女69),馬13・牛18,鉄砲1・威筒,氏神山王権現の祭礼は11月6日(松浦拾風土記)。当村の庄屋は世襲であった(伊万里市史)。文化年間頃の板木組差出帳によれば,山王権現社・山神社・八竜大明神社・薬師観音堂・地蔵堂がある。また4か所の溜井で5町余を,5か所の井磧で7町余を灌漑した。苅敷・牛馬飼料は筒井・田代・中山・辻・畑津村へ入り会い,年貢米は行合野土場から川下げした(市丸家文書)。「松浦拾風土記」に御岳があると見える。明治4年唐津県・伊万里【いまり】県,同5年佐賀県,同9年三潴【みずま】県・長崎県を経て,同16年佐賀県に所属。「明治7年取調帳」「郷村区別帳」では中浦村の枝村として見える。「明治11年戸口帳」によれば1村として見え,戸数39・人口177。明治11年西松浦郡に属し,同22年大岳村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7444434
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ