ケータイ辞書JLogosロゴ 伊万里町(近代)


佐賀県>伊万里市

 明治22年〜昭和29年の西松浦郡の自治体名。江戸期以来の伊万里町に松島搦のうち字三本松,新田村のうち字浜ノ浦を合併して成立。大字は編成せず,南を甲,北を乙と区分。役場を上黒尾に設置した。伊万里津の戸数・人口は,明治7年831戸・3,993人,同15年には976戸・4,019人,同24年860戸・4,463人,同44年には918戸・4,221人,大正10年896戸・4,559人,昭和2年に876戸・4,649人。「伊万里町ハ西松浦郡ノ中央ニ位シ,……九州鉄道ノ支線ハ市街ノ南端ニ接続シテ海運ト連絡シ,佐賀武雄ノ県道ハ街道ニ由リテ平戸唐津ノ県道ニ接シ実ニ四通八達ノ要地トス。……港口ハ貨物輻輳舟車絶ルナク,特ニ魚類ノ一大市場タリ。中央ハ商家櫛比」(伊万里町明治34年統計書)。九州鉄道の支線伊万里線は,当初明治31年伊万里鉄道株式会社として設立されたが同年九州鉄道に譲渡され,翌32年4月に開通(同40年国鉄に買収される)。明治35年の輸出入貨物は,輸出では陶磁器がなお首位を保ち11万6,150俵,その金額26万8,685円(総額の約30%),輸入では前記の如く魚類27万3,500円(同20%)が多い。同年の商家数は問屋9をはじめとして531戸(全戸数中の63%)。昭和初年から隣接村の合併計画を進め,まず昭和3年牧島村を合併,同村の4大字を継承,旧町域をもって伊万里町とし,1町4大字を編成。同18年さらに大坪村・大川内村を合併。大坪村の3大字を継承,大川内村は大字大川内となり,計1町8大字を編成。昭和5年の人口1万6,386人,同15年1万6,566人。同25年山代町楠久【くすく】字鍵居を編入。同年の戸数4,398・人口2万2,116。この間昭和5年伊佐線(現松浦線),同10年北九州鉄道唐津〜伊万里間が開通。同29年大川村・南波多村・黒川村・波多津村・二里村・東山代村・山代町・松浦村と合併して伊万里市の一部となる。町制時の1町8大字は伊万里市の町名・大字に継承された。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7444462
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ