ケータイ辞書JLogosロゴ 伊万里下町(近世)


佐賀県>伊万里市

江戸期の町名伊万里町のうち伊万里川下流域に位置する「宝暦郷村帳」「天明郷村帳」に町名が見える江戸中期に上下町・中下町・下町に分かれ,下町は本下町とも呼ばれた江戸後期〜明治初年には33〜35軒の陶器商がおり,中下町・本下町には全戸の約3分の1が集中していた戸渡島社は木須村から移され,大正15年相生橋改築の際に再び上土井町に移建されるまで下町にあった戸渡島社の祭礼は毎年旧9月15日に行われ,化政期〜天保期には伊万里町あげての行事となり,きわめて豪華であった(戸渡嶋社祭祀行事略記/前川家文書)同社は,藩主の江戸参勤に際し船中安全を祈祷して「御札浪鎮之御幣」を献上しているまた「御用陶器積登之時々御札守等差出」「諸国入津之船乗など御守札等申乞」の諸札が示すように陶商たちの崇敬が篤く,数々の寄進がなされ,その一部は保存されている明治4年の戸数は上下町40・中下町36・下町49(重松家文書)
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7444467
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ