ケータイ辞書JLogosロゴ 大久保(近代)


佐賀県>伊万里市

 明治22年〜現在の大字名。昭和29年から東山代町を冠称。はじめ東山代村,昭和29年からは伊万里市の大字。大正7年に伊万里炭坑(産出高3万t余,坑夫数544人)が開かれ,翌年には新たに大久保炭坑(産額5,600t余,坑夫数228人)が加わる。同9〜10年佐賀新聞は「東山代村伊万里炭坑にては……過日賃銀の一割値下げを為す事及従来の米廉売を廃止」など伊万里炭坑不況を伝えた。第1次大戦後の戦後恐慌から昭和恐慌へと打ち続く不況がようやく昭和10年ころから戦時体制の進展を背景として回復に向かう。昭和11年の西松浦郡内の主要炭坑は西山代の向山炭坑,大久保炭坑(採炭高1万7,445t・坑夫数186人)。第2次大戦後の昭和25年には小岩炭坑(従業員485人・採炭高3万3,000t余)・山代炭坑(従業員465人・採炭高1万4,000t余)などがあった(県統計書)。昭和45年の世帯数・人口は,大久保114世帯・475人,国見97世帯・315人,福住204世帯・595人。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7444659
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ