ケータイ辞書JLogosロゴ 大黒川村(近世)


佐賀県>伊万里市

 江戸期〜明治22年の村名。松浦郡のうち。はじめ唐津【からつ】藩領,慶安元年幕府領,同2年からは唐津藩領。黒川組に属す。元和2年検地時は石川理兵衛・石川右衛門三郎の知行地があった(東松浦郡史)。「慶長国絵図」「正保国絵図」には村名が見えない。村高は,元和検地高225石余(伊万里市史),「天保郷帳」では281石余,「旧高旧領」では291石余。文化年間頃の田畑高230石余,古高210石余,畝数28町余,家数54・人数291(男154・女137),馬15・牛20,札鉄砲1,氏神は鎮府大明神がある(松浦拾風土記)。黒川新田は慶長8年に藩主寺沢広高が開拓を始め,同10年に完成した。高30石余(伊万里市史)。元和5年小田平兵衛が庄屋に就任し,世襲庄屋となる。正保3年塩谷新田が完成し,塩谷村として一村立てした。当村庄屋が世襲の兼帯庄屋となる(小田家文書/伊万里市史)。元禄6年の免状によれば,村高230石余,うち川成・干潟分引15石余,年貢率は本田6割・干潟分5割5分,諸役に樹木代米・真綿代銀などが賦課されていた(大黒川区有文書/伊万里市史)。弘法大師の筆跡と伝えられる石碑いろは石がある(松浦拾風土記)。明治4年唐津県・伊万里【いまり】県,同5年佐賀県,同9年三潴【みずま】県・長崎県を経て,同16年佐賀県に所属。「明治7年取調帳」では枝村に干潟村・袖落村があり,「郷村区別帳」では枝村に黒川浦・小黒川村・福田村があり,反別は75町余。「明治11年戸口帳」によれば戸数90・人口466。明治11年西松浦郡に属し,同22年黒川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7444661
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ