ケータイ辞書JLogosロゴ 大里村(近世)


佐賀県>伊万里市

 江戸期〜明治22年の村名。松浦郡のうち。佐賀本藩領。有田郷に属す。村高は,「慶長国絵図」では2,432石余,「正保国絵図」「天明村々目録」ともに625石余,「天保郷帳」では707石余,「旧高旧領」では846石余。「宝暦郷村帳」「天明郷村帳」ともに小村に福母村・丹爪(丹花)村・川東村・風堂村・石堂村・江潮村・浜村がある。なお元禄年間頃の田畑反別136町余,地米高605石余(前田家文書)。有田川東岸の松尾搦・笹尾搦,川西の古屋田・中島・幸兵衛搦などは江戸中期までに造成された新田である。有田郷大庄屋藤山家は当村に居を構えた(現在の大里公民館)。大里八幡宮は有田郷の郷社として崇敬され,雨乞い・風虫害よけの祈願が執行された。当社で11月に行われる「取り追い」の祭事は,南北朝期の菊池武重にまつわる伝承をもつ。また流鏑馬神社も懐良親王を祀る。曹洞宗医王山広厳寺は,寛永元年中里村古子に建てられたが,その後,当村福母に移建され,寛永7年焼失して現在地へ再建したという。貞享4年改・明和9年改補郷村帳には香子・本村上・本村下・風堂・丹花・福母・石堂・川東・江湖・浜の名が見え,安政2年郷村帳では風堂・石堂・浜が消え,新たに白幡・川東岳の名が見える。明治4年佐賀県・伊万里【いまり】県,同5年佐賀県,同9年三潴【みずま】県・長崎県を経て,同16年佐賀県に所属。「明治7年取調帳」「郷村区別帳」ともに枝村に中里村があり,「郷村区別帳」では反別509町余。「明治11年戸口帳」によれば戸数340・人口1,546。明治11年西松浦郡に属し,同22年二里村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7444668
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ