ケータイ辞書JLogosロゴ 笠椎村(近世)


佐賀県>伊万里市

 江戸期〜明治22年の村名。松浦郡のうち。はじめ唐津【からつ】藩領,慶安元年幕府領,同2年唐津藩領,文化14年幕府領豊後国日田代官所支配地,文政3年唐津藩預り地を経て,天保13年からは日田代官支配地。唐津藩領時は井手野組に属す。元和2年検地時は熊沢三郎左衛門の知行地があった(東松浦郡史)。「慶長国絵図」に「笠椎村 符招ノ内」と見える。村高は,元和検地高304石余(伊万里市史),「寛永割符村付帳」では同高で,うち新田分7石余,「正保国絵図」では255石余,「天保郷帳」「旧高旧領」では322石余。文化年間頃の田畑高308石余,古高255石余,畝数22町余,年貢率は5割8分8厘,家数40・人数199(男106・女93),馬11・牛3,威鉄砲1(松浦拾風土記)。文政2年の明細帳によれば,紙木・茶・桑の木の物成高,樹木代米・真綿代銀の小物成,漆・小鳥・櫨・紙の運上銀があった。村高322石余,家数44(百姓33・水呑10・庵1),牛13・馬12,井磧6・溜池9・用水掛樋6。年貢米は徳須恵村の立還土場から満島浦まで川下げし,海路江戸・長崎へ回送された。地質は真土・赤土で,田地の1割は二毛作。水稲の品種は,早稲・早馬・とそん・撰出し・ねち・餅・あけぼの・あだちで,播種量は1反に平均8升。畑方には大麦・小麦・裸麦・大豆・小豆・角豆・粟・黍・菜種・麻・大根・蕎麦などを生産。肥料は苅敷・葺替茅・油糟・焼灰・牛馬糞で,苅敷は古川・原屋敷・畑川内・牟田・府招【ふまねき】村へ入り会う。コウゾ・ハゼ・カキ・ナシは唐津城下・伊万里【いまり】市へ小量売りに出し,男は日雇・薪取り,女は紙漉・木綿細工を副業とした(伊万里市史)。「明治元年松浦郡大概尽」によれば,村高は322石余,反別は田方18町余(うち両毛作1町余)・畑方6町余,家数50・人数242(男134・女108)。明治3年長崎県の管下となる(伊万里市史)。同4年厳原【いずはら】県・伊万里県,同5年佐賀県,同9年三潴【みずま】県・長崎県を経て,同16年佐賀県に所属。「明治7年取調帳」では1村として見え,「郷村区別帳」では枝村に古川村・川原村があり,反別47町余。「明治11年戸口帳」によれば戸数62・人口273。明治11年西松浦郡に属し,同22年南波多村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7444847
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ