ケータイ辞書JLogosロゴ 川西村(近世)


佐賀県>伊万里市

 江戸期〜明治22年の村名。松浦郡のうち。はじめ唐津【からつ】藩領,慶安元年幕府領,同2年唐津藩領,文化14年幕府領豊後国日田代官所支配地,文政3年唐津藩預り地を経て,天保13年からは日田代官所支配地。大川野組に属す。「慶長国絵図」「正保国絵図」には村名が見えない。「元禄国絵図」には「大川野村ノ内 川西村」とある。村高は,「天保郷帳」「旧高旧領」573石余。宝暦年間頃の村高は549石余,反別・分米は田方20町余・354石余,畑方17町余・194石余(木下家文書)。文化年間頃の田畑高573石余,古高は組元村(大川野村)のうち,畝数39町余,年貢率は6割9分4厘から1割まで,家数72・人数314(男171・女143),馬49・牛2(松浦拾風土記)。元和2年当村内に大黒井手が完成し,工事中の慶長15年藩主寺沢広高は井手近傍に黒髪大権現を勧請した(松浦要略記)。ただし,西松浦郡誌では文禄4年起工,寛永10年竣工とある。簀は,佐賀藩領諸村の灌漑の妨げになることから,藩主寺沢広高が江戸殿中の参会の折に佐賀藩主に談判して許可されたという。また載蓮寺の給人山伏田代下総入道可休は井手工事の難行を見て,水勢を二分して堰止めることを建策し,完成に至った。ところが可休は広高に無実の罪をかけられ,長野ノ原(おたかわら)で斬首されたという(松浦昔鑑・西松浦郡誌・松浦拾風土記)。江戸中期の大黒井磧の規模は,縦30間・横8間で,36町の水路が設けられ,灌漑面積は23町余(木下家文書)。天保9年松浦一揆の初期段階を指導した1人に当村の儀左衛門がおり,義人として語り継がれている。「明治元年松浦郡大概尽」によれば,村高573石余,反別は田方22町余(うち両毛作4町余)・畑方17町余,家数84・人数302(男159・女143),溜井9・井磧1。慶応2年島原藩領,同4年薩摩藩支配地を経て,明治3年厳原【いずはら】藩の管下となる(伊万里市史・大川村誌稿)。同4年厳原県・伊万里【いまり】県,同5年佐賀県,同9年三潴【みずま】県・長崎県を経て,同16年佐賀県に所属。「明治7年取調帳」では1村として見え,「郷村区別帳」では枝村に駒鳴村があり,反別62町余。「明治11年戸口帳」によれば戸数91・人口418とある。明治11年西松浦郡に属し,同22年大川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7445037
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ