ケータイ辞書JLogosロゴ 芦辺町(近代)


長崎県>芦辺町

 昭和30年〜現在の壱岐郡の自治体名。田河町と那賀村が合併して成立。大字は編成せず。合併各町村の行政区を継承するが,同時に芦辺浦は諸吉の冠称が廃される。役場を諸吉仲触の旧田河町役場に設置し,那賀村役場を那賀支所とした。町名は,「歴史的に由緒深い芦辺町を新町名とし」た(芦辺町史)。昭和30年役場を芦辺浦に移転。同31年箱崎村を合併し,箱崎を冠称した大左右【たいそう】触・中山触・谷江触・釘ノ尾触・本村触・諸津触・江角触と瀬戸浦の行政区を加える。旧箱崎村役場を第2支所,那賀支所を第1支所とした。同35年第1支所を那賀出張所に,第2支所を箱崎出張所に改称。同36年湯岳射手吉触と湯岳興触の一部を石田村へ編入し,石田村湯岳射手吉触・湯岳興触となる。昭和35〜37年,同40年に石田村と,また同61年には石田町と境界変更が行われた。昭和47年中野郷西触に壱岐消防署本署設置。同55年芦辺浦に町役場新庁舎,諸吉大石触に壱岐島開発総合センター完成。また同年芦辺・瀬戸両浦を結ぶ芦辺大橋も完成。世帯数・人口は昭和35年2,938・1万5,055,同45年2,983・1万2,578,同55年2,971・1万1,546。同年の農業戸数1,313,うち専業209,同58年の耕地面積1,450ha,うち田929ha・畑476ha・樹園地45ha。漁業経営体数は昭和48年451,同58年箱崎225・壱岐東部308,同年の漁船数は箱崎280・壱岐東部315(壱岐島勢要覧)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7447212
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ