ケータイ辞書JLogosロゴ 阿里多(中世)


長崎県>郷ノ浦町

戦国期に見える地名壱岐【いき】国石田郡のうち「海東諸国紀」は壱岐十三里の1つとして「阿里多〈五十余戸〉」と記している比定地は,「県史古代中世編」が国分村の当田村ではないかとし,「壱岐国史」が志原村の有田村に当てている現在の郷ノ浦町志原南触に比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7447255
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ